わかりやすいホロスコープスプレッドのやり方

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
良かったらシェアボタンをポチッとお願いいたします(^^)

こんにちは。
ロックな占い師、陽太です。

スプレッド(展開法)はいろいろありますが、ホロスコープスプレッドは年運や方角、お部屋のリーディングをするのに適しています。
その他に、お仕事運や恋愛、結婚、失くしものなども占えます。

13枚のカードを配置するので、初めての方には複雑だと思います。
簡単に覚えられるように、わかりやすいホロスコープスプレッドのやり方の要点をまとめました。

ご覧くださいませ。

 

タヒチ

 

タヒチ2

 

 

★ホロスコープスプレッドの並べ方

 

ホロスコープsc

 

①から⑬まで順番に並べます。
これは、西洋占星術の12ハウス(12室)を表しています。

※ハウスについては、またいつかご説明しますね。

 

①から⑬までの意味

①自分自身 ②他人(パートナーなど) ③仕事(の肩書、評価、キャリア) ④お家、ご先祖様、お墓 ⑤お金、才能 ⑥近所、兄妹、初等教育 ⑦恋愛、レジャー ⑧職場環境、肉体の健康、奉仕 ⑨遺産、オカルト、性 ⑩海外、大学、資格、宗教 ⑪友達、未来 ⑫ネット、メンタル、心の健康、スピリチュアル ⑬キーカード

 

★78枚フルデッキを使ったやり方
(わかりやすいホロスコープスプレッドのやり方)

 

1 まずアングルを見る。
(※アングルというのは、西洋占星術でいうASC(①)、DSC(②)、MC(③)、IC(④)です。とても重要な場所です。)

2 どのスートが多く出ているかを確認する。
(ワンド、ペンタクルス、ソード、カップ)

もしワンドが多かったら、ワンドが今年のテーマになりますね。

3 大アルカナカードを見る。

4 仕事運、恋愛運、家庭運などを12ハウスを使って複合読みをする。

たとえばお仕事運でしたら、2ハウス、6ハウス、10ハウスを中心に読んでいきます。恋愛運だったら、5ハウス、7ハウスですね。

 

3a00314c329347719dadbb99d511e4be_s

 

対抗にある物を複合読みします。
10ハウス(お仕事)に対して、4ハウス(家庭)はどうなのか?、6ハウス(肉体の健康)に対して、12ハウス(心の健康)はどうなのか?を読むとクライアントの信頼が増します。

 

13枚のカードを使うので複雑ですね。
枚数の多いスプレッドを読むときは、読めるところから読んでいくのがポイントです。

読めるところから読んでいけば、必ずインスピレーションが導いてくれます。
無理せずにリーディングしましょう!

 

タロットのお勉強の、参考になりましたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

★マンツーマンのタロット講座を開催しております。

場所は、さいたま市大宮・浦和・川口・赤羽・川越・久喜・蓮田・白岡・春日部・岩槻・東武動物公園・越谷・草加近辺のカフェ、またはスカイプです。
(東京、千葉、栃木、神奈川の方は別途交通費を頂きます。)

詳細は下のバナーをクリックしてくださいませ。

 

わかりやすいタロット講座のバナー画像

 

お問合せボタン

 

 

埼玉県さいたま市大宮・春日部|対面・電話・メール鑑定、各種講座かなえる占い

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
良かったらシェアボタンをポチッとお願いいたします(^^)
2015-10-01 | Posted in 展開法No Comments » 

関連記事

Comment





Comment