タロット占いとは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
良かったらシェアボタンをポチッとお願いいたします(^^)

タロットカード(Tarot)は、もともとはゲーム用に作られたカードでした。

大アルカナ22枚のカードと小アルカナ56枚のカード、合計78枚で構成されています。

 

ライダーウエイト版タロットカードの画像

 

起源は、15世紀前半イタリア。

貴族の間で親しまれていたそうです。

 

タロットを最初に占いに使用したのは、18世紀、パリの占い師エテイヤ。

彼は、「タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法」という本を出版しました。

 

その後、フランスのエリファス・レヴィ、魔術結社ゴールデン・ドーン(黄金の夜明け団)のメンバー達によって、タロットは発展していきました。

 

エリファス・レヴィは、「高等魔術の教理と祭儀」の著者。

彼は、タロットには古代の叡智が隠されていると主張。そして、タロットの大アルカナ22枚とヘブライ文字の関連を発見しました。

ここからタロットの魔術化が始まります。

 

 

1888年、イギリスでゴールデン・ドーンが結成されます。

(当時のイギリスでは、オカルト・ムーブメントがあった背景があり、著名な文化人も魔術結社に参加していました。)

 

ゴールデン・ドーンのウイリアム・ウィン・ウェストコット、マグレガー・マザーズは、エリファス・レヴィの影響を受け、更に研究を続けます。

 

そして、1909年にゴールデン・ドーンのメンバーであるアーサーEウエイトによって、タロットの歴史を変える記念すべきタロットカードが出版されました。

 

霊感タロットの画像

 

そうです。

ライダーウエイト版タロットの誕生です。

 

ウエイト版タロットカードは、占いに使用するために作られたカードではありません。

魔術に使用するために作られたカードです。

そのために、魔術シンボルがこのカードには盛り込まれているのが特徴です。

 

現在、最もポピュラーなタロットは、このウエイト版タロットの他に、古典タロットと呼ばれているマルセイユ・タロット、20世紀最大の魔術師アレイスター・クロウリーのトートタロット。

これらのタロットをベースに、様々なタロットが今日出版されております。

 

タロットを初めて購入される方は、ライダーウエイト版タロットがおススメです。

多数の教則本も発売されておりますので、これからタロットを始めたいと思っている方には、環境が整っていますね。

 

9abc79089ccf62c4f1c62dc07a3dc9fd_s

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お問合せボタン

 

 

埼玉県さいたま市大宮・春日部|対面・電話・メール鑑定、各種講座かなえる占い

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter0
良かったらシェアボタンをポチッとお願いいたします(^^)
2015-09-20 | Posted in タロットNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment